綿亙・綿亘(読み)めんこう

大辞林 第三版の解説

スル
長く連なり続くこと。連亘れんこう木曽川の態たる信尾濃勢の数州を-し/新聞雑誌 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 長く連なり続くこと。連亙(れんこう)
※禅居集(1315)徧界一覧亭記「綿亘数百里立空数千仭」
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「親く倫敦を観察するに、宮苑綿亘し、街衢整列し、万舶輻湊し、百貨山積し」 〔謝霊運‐山居賦・自注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android