コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿羽 メンウ

大辞林 第三版の解説

わたばね【綿羽】

鳥の羽毛のうち、羽軸がほとんどない、綿のようなもの。めんう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の綿羽の言及

【羽毛】より

…しかし,羽毛はすべての鳥類に存在し,鳥類以外の動物にはまったく見られないので,鳥類の重要な特徴となっている。羽毛はその形態によって,正羽,綿羽,半綿羽,糸状羽,粉綿羽(ふんめんう)の5種類に分類できる。正羽contour featherは1本の羽軸rachisとその両側の羽弁vaneより成り,羽弁は多数の羽枝barbおよび羽小枝barbuleからできている。…

【鳥類】より

…事実,鳥には美しいものが多く,種々のにおいをもつようになった哺乳類が嗅覚(きゆうかく)の動物であるのに対し,鳥類は視覚の動物といわれる。
[羽毛]
 羽毛には,大別すると正羽(せいう)と綿羽(めんう)の2種がある。正羽は中心の羽軸(うじく)とその両側の羽弁(うべん)からなり,羽弁は無数の羽枝(うし)および羽小枝(うしようし)で構成されて,各羽小枝は互いにかぎによって組み合わされている。…

※「綿羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

綿羽の関連キーワードガンカモ類(雁鴨類)ダウン・ジャケットコンドル(鳥)クイナモドキクロハゲワシペキンダックキツツキ目カイツブリケワタガモハゲワシオシドリイソシギコンドルペンギン羽∥羽根ガチョウダチョウカモ目ふとんチドリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綿羽の関連情報