コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総商会 そうしょうかいzŏng shāng huì

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょうかい【総商会 zŏng shāng huì】

各国の商工業会議所に類する中国の実業団体。1899年(光緒25),上海に商務総局が創設されたが,劣悪,官僚的であったため,1902年,外国の商業会議所にならって,上海商務総会が設立され,政府の公認を受けた。これが北京,天津,武漢広東など全国各都市に普及し,民族資本の擁護,育成を趣旨として,外貨排斥運動に挺身することもあった。12年1月,総商会と改称されたが,徐々に大資本家,買弁資本家集団の牙城と化し,五・三〇事件では,工商学連合会など中小企業や民衆団体と激しく利害対立し,上海の場合は,29年4月,国民救国会の襲撃を受けて破壊,閉鎖された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総商会の関連キーワード日華共同防敵軍事協定五・三〇事件馬 万祺何 厚鏵虞洽卿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総商会の関連情報