コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線維性骨形成異常症(読み)せんいせいこつけいせいいじょうしょう(英語表記)fibrous dysplasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線維性骨形成異常症
せんいせいこつけいせいいじょうしょう
fibrous dysplasia

線維性骨異形成症ともいう。骨組織が線維性組織に置換され,変形するまれな疾患で,原因は不明。単発性と多発性がある。多発性のものには,内分泌障害を示し,線維性骨異形成,性的早熟,色素沈着の3徴候をもつアルブライト症候群 (骨アルブライト病ともいう) と,骨変化のみを示す型とがある。 10歳代に多く,四肢骨,頭蓋骨に好発し,しばしば同側性にみられる。単発性のものは脛骨,大腿骨,肋骨,顎骨に多い。四肢に生じると屈曲変形が起り,病的骨折を起すことがある。病巣部の掻爬,骨移植,変形の矯正,骨折治療などが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android