コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線維性骨形成異常症 せんいせいこつけいせいいじょうしょうfibrous dysplasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線維性骨形成異常症
せんいせいこつけいせいいじょうしょう
fibrous dysplasia

線維性骨異形成症ともいう。骨組織が線維性組織に置換され,変形するまれな疾患で,原因は不明。単発性と多発性がある。多発性のものには,内分泌障害を示し,線維性骨異形成,性的早熟,色素沈着の3徴候をもつアルブライト症候群 (骨アルブライト病ともいう) と,骨変化のみを示す型とがある。 10歳代に多く,四肢骨,頭蓋骨に好発し,しばしば同側性にみられる。単発性のものは脛骨,大腿骨,肋骨,顎骨に多い。四肢に生じると屈曲変形が起り,病的骨折を起すことがある。病巣部の掻爬,骨移植,変形の矯正,骨折治療などが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

線維性骨形成異常症の関連キーワード線維性骨異形成

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android