コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脛骨 けいこつtibia

翻訳|tibia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脛骨
けいこつ
tibia

膝から足首の間の下腿部の前内側にある太い管状の長骨。下腿の後外側にある腓骨とともに下腿骨を構成する。上端は肥大し,その上面には大腿骨下端との関節面がある。すなわち,膝がしら (膝蓋骨) のすぐ下に脛骨の前面がくる。脛骨の下端は内側にうちくるぶしが突出する。身長の約5分の1の長さをもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

脛骨【けいこつ】

すねの骨で腓骨(ひこつ)とともに下腿(かたい)の支柱となる。脛骨は太くてその主体であり,腓骨は付属的。中央部は三角柱状でその前稜および前内側面は皮下によく触れる(向うずね)。
→関連項目あし(肢/脚/足)膝関節腓骨

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいこつ【脛骨】

二本の下腿骨のうち内側にあって、下腿の実質上の主幹と向こうずねを成す太い骨。 → 腓骨ひこつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脛骨
けいこつ

下腿(かたい)の軸となる2本の骨のうち、内側にある強大な長管状骨で、人体骨格のなかでは大腿骨に次いで長くて重い。脛骨の長さは30~33センチメートル(日本人)であるが、身長に比例する。下腿では脛骨が主幹となり、体重の大部分を支えている。下腿前面のいわゆる「向こうずね」といわれる部分は脛骨が主体である。細長い脛骨の上端は肥厚して左右に幅広くなり、中間部分の骨幹は脛骨体といい、三角柱状で下端はほぼ四角柱状となり、やや肥厚する。上端上面にはわずかに凹面をもつ2面の上関節面があり、大腿骨下端下面と接して膝関節(しつかんせつ)をつくる。三角柱状の脛骨体の前縁は鋭く突出していて、皮下組織の脂肪層や筋肉組織がなく、皮下に骨膜や骨皮質が直接接している。このため、この部分を打つととくに鋭い痛みが走るので、俗に「弁慶の泣き所」とよばれている。また、この部位に、傷害、皮膚病、あるいは潰瘍(かいよう)などが生じると、なかなか治癒しにくい。前縁上端には脛骨粗面とよぶ隆起部があり、ここに膝蓋腱靭帯(しつがいけんじんたい)が付着している。膝蓋腱反射の検査でたたくのがこの部位である。下端下面の凹(くぼ)みは下関節面で、足根骨(そっこんこつ)の距骨と関節を構成している。下端内側で下方に向かう隆起部は内果(ウチクルブシ)とよばれ、皮下に触れることができる。脛骨の外側には腓骨(ひこつ)が脛骨と平行に並び、腓骨の上・下端で脛骨と接している。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の脛骨の言及

【骨格】より

…体肢の骨格は,体肢がひれから脚に変わったのにつれて,高等脊椎動物のそれと同一の構成をとるにいたった。すなわち,自由部に上腕(大腿),前腕(下腿),手(足)の3部が区別され,前腕(下腿)には橈骨(とうこつ)(脛骨)と尺骨(腓骨)という2個の骨が並列している。ただしカエル類では,橈骨と尺骨が合体して橈尺骨となり,脛骨と腓骨が合体して脛腓骨となっている。…

※「脛骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脛骨の関連キーワードオスグッド・シュラッター病オズグッド=シュラッター病オスグッドシュラッテル病オズグッドシュラッテル病膝窩動脈・静脈脛大腿骨指数下腿前腕指数外腸骨動脈ひざ(膝)骨巨細胞腫骨髄輸血三里の灸脛骨神経足背動脈ヒラメ筋座骨神経扁平脛骨脛骨動脈山下洞人腓骨動脈

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脛骨の関連情報