練糸(読み)ねりいと

精選版 日本国語大辞典「練糸」の解説

ねり‐いと【練糸】

〘名〙 生糸膠質セリシン)を除去して、特有の光沢と手触りを出した絹糸。除去の程度により半糸、本練糸にわける。
※延喜式(927)三〇「練糸一斤」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「練糸」の解説

【練糸】れんし

白い絹のねり糸。〔淮南子、説林訓〕子、絲を見て之れに泣く。の以てにすべく、以てくすべきが爲なり。

字通「練」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android