繻珍(読み)しゅちん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繻珍
しゅちん

朱珍とも記し,繻子組織の地に紋様を織り出した練り織物。7色以上の絵緯 (えぬき) 糸を用いて繻子や斜文組織紋柄を表わしたところから,昔は七彩とも書いた。室町時代末に中国の技法を取入れるようになり,特に江戸時代初期に大いに珍重され上流社会の贈答品とされた。丸帯や羽織裏として用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

繻珍【しゅちん】

朱珍とも書く。繻子(しゅす)組織の地に模様を織り出した絹織物。多色の緯糸(よこいと)を用いて華麗な模様を織る。室町時代中国の技法を学んでつくられ,江戸時代珍重された。光沢がありすべりがよく,打掛,,袋物などに用いられた。
→関連項目緞子西陣織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅちん【繻珍】

朱珍とも書く。繻子(しゆす)組織(繻子)の地合いに多色の緯糸を織り入れて文様をあらわした繻子地の。多色の色糸を用いることから〈七彩緞〉と書いて〈しゅちん〉と読ませた例もある。地を五枚繻子としたものが多いが,八枚繻子のものもある。また江戸時代のものはほとんど絵緯(えぬき)を浮かして織り出しているが,明治以降には搦み経(からみだて)(絵緯を押さえるための別経糸)を用いて,絵緯を押さえるものが一般的となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android