銘仙(読み)めいせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「銘仙」の解説

銘仙
めいせん

絹織物。武州(埼玉県)の秩父(ちちぶ)や上州(群馬県)の伊勢崎(いせさき)地方で江戸時代からつくられていた太織(ふとおり)(太い練り糸を用いて織った織物)の一種無地または縞(しま)を主とした実用的なものとして一般に広く用いられた。ことに幕末の天保(てんぽう)の禁令以後は庶民階級の間に広い需要層をもつに至り、明治以後は模様加工にくふうが加えられて、縞のほかに捺染(なっせん)、抜染(ばっせん)、解(ほぐ)しなどによって大柄な絵模様絣(がすり)がつくられ、着尺(きじゃく)、ふとん地などとして盛んに用いられた。産地は秩父、伊勢崎が主で、ほかに桐生(きりゅう)、足利(あしかが)、八王子などでもつくられたが、近年は一般に普段着に和服を着ることが少なくなり、そのうえ化繊、ウール地の出現によって、ほとんど影を没してしまった。

山辺知行

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「銘仙」の解説

銘仙【めいせん】

絹織物の一種。古くは目千,目専とも記。絹の練糸または玉糸や紡績絹糸などを用い密な平織にする。縞(しま),絣(かすり)模様が多く,ほぐし銘仙,併用銘仙,壁銘仙などの種類がある。主産地は群馬県伊勢崎,桐生,栃木県足利,埼玉県秩父などで,産地により特色をもつ。絹物としては安価で堅牢(けんろう)なので,第2次大戦までは実用的な和服地,ふとん地,丹前などに用いられたが,戦後はほとんど見られなくなった。
→関連項目絹織物玉糸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「銘仙」の解説

銘仙
めいせん

平織の実用的絹織物の一種。練り糸,玉糸で織った太織 (ふとおり) で,伊勢崎,足利,桐生,秩父,八王子など関東でつくられ,衣類,夜具地などに盛んに用いられた。無地や縞物があったが,近年はほとんど姿を消し,これら銘仙の産地は,ウール着尺トリコットなどを産するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「銘仙」の解説

めい‐せん【銘仙】

〘名〙 平織の絹織物の一種。経(たていと)(よこいと)ともに玉糸の諸(もろ)より糸、または片より糸で織るが、紡績絹糸を用いることもある。縞(しま)・絣(かすり)・模様物が多い。銘仙おり。銘仙つむぎ。
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)七「めいせんを引く手も軽く母夜苗」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「銘仙」の解説

めいせん【銘仙】

絹織物の一種。江戸時代,天保の改革(1841)ころから玉紬を軸に秩父(埼玉県)や伊勢崎(群馬県)の太織(ふとおり)からつくられたもので,明治以降第2次世界大戦までの日本人の衣料に欠かすことのできない織物であった。銘仙の文字は江戸末期から明治初めにかけて使われはじめたが,それ以前は目専,目千,名撰,蠒繊と書いた。《守貞漫稿》では蠒繊を〈メイセン〉〈メンセン〉と呼び,塵埃(じんあい)つかず丈夫なので天保頃より用いる,としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の銘仙の言及

【足利織物】より

…他方85年を底とする不況期には輸出織物の生産に活路を求めて急成長を遂げ,90年代には国内向け製品の産額を凌駕する年もあったが,98年をピークとして衰えた。絹綿交織物も景気変動の激しかった大正期を乗りきったが,1929年恐慌後にわかに影を潜め,代わって絹紡糸を主要原料とする銘仙が主力製品となった。敗戦後,緯糸(よこいと)に人絹を用いた銘仙が人気を呼んだのは50年から約10年間で,以後従来の着尺(きじやく)物の生産は停滞し,化繊による経編(たてあみ)メリヤス(トリコット)をはじめスカーフやレース類を生産する時代に入った。…

※「銘仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android