練餉(読み)れんしょう(英語表記)lian-xiang; lien-hsiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

練餉
れんしょう
lian-xiang; lien-hsiang

中国,明末に行われた臨時付加税の一つ。辺境防衛の兵士を訓練するための費用という意味。兵部尚書楊嗣昌の発議により崇禎 12 (1639) 年に実施された。田土1畝につき銀1分を付加するもので,その総額は年に 730万両といわれた。遼餉勦餉 (そうしょう) と合せて三餉といわれ,農民の負担を重くし,彼らを暴動に駆りたてる一因ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android