コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練餉 れんしょうlian-xiang; lien-hsiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

練餉
れんしょう
lian-xiang; lien-hsiang

中国,明末に行われた臨時付加税の一つ。辺境防衛の兵士を訓練するための費用という意味。兵部尚書楊嗣昌の発議により崇禎 12 (1639) 年に実施された。田土1畝につき銀1分を付加するもので,その総額は年に 730万両といわれた。遼餉勦餉 (そうしょう) と合せて三餉といわれ,農民の負担を重くし,彼らを暴動に駆りたてる一因ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

練餉の関連キーワード崇禎帝

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android