コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緻密斑

栄養・生化学辞典の解説

緻密斑

 腎臓の一部の組織の名称で,輸入細動脈糸球体の血管極に入る直前の遠位尿細管の部分にあたる.尿細管中のナトリウムイオン濃度を感知して,糸球体傍細胞にレニン分泌を促し,それによって血圧が調節される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の緻密斑の言及

【腎臓】より

…介在部の細胞は,尿細管を通じて最も発達した基底線条(基底陥入とそれに応じて配列するミトコンドリア)を示すが,微絨毛は低くまばらである。介在部は,集合細管を経て集合管に至るが,その間,血管極のごく近くで必ず一度,輸入細動脈に接近し,ここに緻密斑とよばれる特殊な構造を形成する。この部には,扁平につぶれたような核をもつグールマーティ細胞Goormaghtigh’s cellが層をなして密集しているが,これは後述する腎臓の内分泌と深く関与している(図7,図8)。…

※「緻密斑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緻密斑の関連キーワード腎臓のしくみとはたらき糸球体傍装置

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android