コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁の色 ユカリノイロ

デジタル大辞泉の解説

ゆかり‐の‐いろ【縁の色】

古今集・雑上の「紫の一本(ひともと)ゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る」から》紫色。
「春も惜し花をしるべに宿からん―の藤の下陰」〈拾遺愚草・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆかりのいろ【縁の色】

〔「古今集雑上」にある和歌「紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る」による〕
紫色。 「花散りてかたみ恋しき我が宿に-の池の藤波/新勅撰 春下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

縁の色の関連キーワードハイイロミズナギドリシロハラミズナギドリオオミズナギドリサカツラガンエリマキシギオカヨシガモヒバリチドリクルマガイチダイ下陰トビ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁の色の関連情報