縛地蔵(読み)しばりじぞう

日本大百科全書(ニッポニカ)「縛地蔵」の解説

縛地蔵
しばりじぞう

強請呪術(じゅじゅつ)による祈法の一つ。地蔵などをで縛り上げ、願い事をかなえてくだされば、縄をほどいてあげますというもの。福島市飯坂(いいざか)町茂庭(もにわ)の縛地蔵は、選挙、博打(ばくち)、入学試験に際し、事前に木像の地蔵に縄をかけて祈願し、成就すれば縄をほどく。東京都葛飾(かつしか)区水元(みずもと)の南蔵院は、もと本所区中之郷(現墨田(すみだ)区吾妻橋(あづまばし)3丁目)にあった。その石地蔵は縛地蔵とも縛られ地蔵ともいい、盗難除(よ)け、足止め、厄除けを祈願する人が縄で縛る。長野県小県(ちいさがた)郡塩田村(現上田市)の縄目地蔵は、干天に降雨を祈るとき石地蔵を荒縄で縛り、降雨があると縄を解くという。静岡市浄国寺の縛地蔵も、祈願者は縄で地蔵様を縛り、願(がん)がかなえば縄をとる。京都・鞍馬(くらま)の二軒茶屋横手の縄掛地蔵には、自分の願い事をかなえてくだされば、かけた縄をお解き申すといって祈願するという。呪術の場合は、人が神霊より対等以上の場合があるためである。

[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「縛地蔵」の解説

しばられ‐じぞう ‥ヂザウ【縛地蔵】

〘名〙 願をかけるときに縄でしばり、願がかなえられると縄をほどいてやる地蔵。しばり地蔵。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android