荒縄(読み)あらなわ

精選版 日本国語大辞典「荒縄」の解説

あら‐なわ ‥なは【荒縄】

〘名〙
① 柔らかくないわらで作った、手ざわりのざらざらしている
※室町殿日記(1602頃)一〇「西行をとってふせ、たはらの中へをしこみ、あら縄にてしかとからげて」
② 蕎麦(そば)をいう隠語。さげなわ。
※雑俳・柳多留‐二三(1789)「あら縄をがっしゃうづつが根津かひ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android