縮絨(読み)シュクジュウ

大辞林 第三版の解説

しゅくじゅう【縮絨】

( 名 ) スル
毛織物の仕上げ工程の一。水で湿らせて熱・圧力を加え、長さと幅を縮めて組織を密にすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅく‐じゅう【縮絨】

〘名〙
毛織物せっけん溶液、アルカリ溶液を含ませ、圧力や摩擦を加えて収縮させ、組織を緻密にすること。メルトン、フラノ、ラシャなどの整理工程の一つ。
② 毛織物を裁つ前に、仕立ててから狂いがないように、水につけたり、霧を吹きかけたりして布地をつめること。じのし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の縮絨の言及

【縮充】より

…太番手の短い羊毛繊維を原料とする紡毛織物(たとえばフラノ)の風合いを決める重要な仕上げ法で,昔は縮絨と書いた。精練(毛織物では洗絨という)のあと,縮充機にかけ,酸,アルカリあるいはセッケン水溶液などの縮充剤で湿らせた布を機械的にもむ。…

【フェルト】より

…羊毛やその他の獣毛繊維は,水や弱アルカリ性溶液(セッケン液など)を含ませたり,熱,圧力,振動などを加えると,繊維が互いに密にからみ合い離れなくなる。この現象をフェルト化とか縮絨(しゆくじゆう)と呼んでいるが,獣毛とくに羊毛の表面をおおっているうろこ状の外皮(スケール)がこの縮絨作用に大きな役割を果たしている。フェルトとは,獣毛繊維を縮絨させ,布帛状に固着させ平面としたものを総称していう。…

※「縮絨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android