コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繋ぎ梁 つなぎばりtie beam of footing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繋ぎ梁
つなぎばり
tie beam of footing

(1) 建物柱脚部の独立基礎を相互に連結する,地中に設けた鉄筋コンクリート造の水平方向の。地中梁ともいわれる。これを設けることにより,地震や風荷重による柱脚部の回転を拘束するとともに,軟弱地盤における基礎の不同沈下を防止することができる。 (2) 建物の柱などの垂直材,あるいは洋風小屋組みにおける斜め方向の屋根もや材などを相互に連結する水平の梁材の総称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android