コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟弱地盤 なんじゃくじばん

百科事典マイペディアの解説

軟弱地盤【なんじゃくじばん】

泥や多量の水を含んだ未固結の砂からなる,非常に軟らかな地盤の総称。完新世の海岸平野の堆積物,はんらん原や谷底に形成された泥炭質の堆積物,埋立地など。日本の都市の多くは軟弱地盤のところに発達しており,地下水の汲上げすぎによる地盤沈下,地震による液状化などで大きな被害が生ずるので注意が必要である。
→関連項目日本海中部地震

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

軟弱地盤の関連キーワード菊川(静岡県の川)フローティング基礎ボーリング(試錐)トラクタショベルトンネル掘削機ニューセメントケーソン工法能登半島地震シールド工法応用地質学土木研究所地盤改良トンネル不同沈下浮島ヶ原凍結工法井森工業有明海繋ぎ梁支持杭

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軟弱地盤の関連情報