軟弱地盤(読み)なんじゃくじばん

百科事典マイペディアの解説

軟弱地盤【なんじゃくじばん】

泥や多量の水を含んだ未固結の砂からなる,非常に軟らかな地盤の総称。完新世の海岸平野の堆積物,はんらん原や谷底に形成された泥炭質の堆積物,埋立地など。日本の都市の多くは軟弱地盤のところに発達しており,地下水の汲上げすぎによる地盤沈下,地震による液状化などで大きな被害が生ずるので注意が必要である。
→関連項目日本海中部地震

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android