コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟弱地盤 なんじゃくじばん

1件 の用語解説(軟弱地盤の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

軟弱地盤【なんじゃくじばん】

泥や多量の水を含んだ未固結の砂からなる,非常に軟らかな地盤の総称。完新世の海岸平野の堆積物,はんらん原や谷底に形成された泥炭質の堆積物,埋立地など。日本の都市の多くは軟弱地盤のところに発達しており,地下水の汲上げすぎによる地盤沈下,地震による液状化などで大きな被害が生ずるので注意が必要である。
→関連項目日本海中部地震

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

軟弱地盤の関連キーワード蛭石じゃあじゃあスラッジ段波ラクサイト角礫アリューライト低温熱水期コランダム閃長岩バイア岩

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軟弱地盤の関連情報