コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繍箔 ぬいはく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繍箔
ぬいはく

染織品の装飾技法の一種。古くは金銀の薄箔を布に縫いつけたものをいったが,近世では摺箔と刺繍で模様を表わしたものをいい,能装束小袖に応用された。近世後期には金銀糸およびその他の色糸で模様を刺繍したものも繍箔と称するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

繍箔の関連キーワード泉大津市立織編館日本刺しゅう福田喜重慶長小袖和服

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android