コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織子女王 おりすじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織子女王 おりすじょおう

1780-1796 江戸時代後期,有栖川宮織仁(ありすがわのみや-おりひと)親王の第1王女。
安永9年7月14日生まれ。寛政5年安芸(あき)広島藩主世子浅野斉賢(なりかた)と婚姻。輝姫を生むが,肥立ちがわるく,8年5月29日死去。17歳。幼称は孚希(ふきの)宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

織子女王 (おりすじょおう)

生年月日:1780年7月14日
江戸時代後期の有栖川宮織仁親王の第1王女
1796年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

織子女王の関連キーワード有栖川宮織仁親王生年月日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android