織子女王(読み)おりすじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織子女王 おりすじょおう

1780-1796 江戸時代後期,有栖川宮織仁(ありすがわのみや-おりひと)親王の第1王女。
安永9年7月14日生まれ。寛政5年安芸(あき)広島藩主世子浅野斉賢(なりかた)と婚姻。輝姫を生むが,肥立ちがわるく,8年5月29日死去。17歳。幼称は孚希(ふきの)宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

織子女王 (おりすじょおう)

生年月日:1780年7月14日
江戸時代後期の有栖川宮織仁親王の第1王女
1796年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android