コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置き迷ふ オキマヨウ

デジタル大辞泉の解説

おき‐まよ・う〔‐まよふ〕【置き迷ふ】

[動ハ四]
露や霜などが置き乱れる。ひどくおりる。
「ひとり寝る山鳥の尾のしだり尾に霜―・ふ床の月影」〈新古今・秋下〉
露や霜が置いたのかと見誤る。
「霜を待つまがきの菊の宵のまに―・ふ色は山のはの月」〈新古今・秋下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

置き迷ふの関連キーワード