コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置き迷ふ オキマヨウ

デジタル大辞泉の解説

おき‐まよ・う〔‐まよふ〕【置き迷ふ】

[動ハ四]
露や霜などが置き乱れる。ひどくおりる。
「ひとり寝る山鳥の尾のしだり尾に霜―・ふ床の月影」〈新古今・秋下〉
露や霜が置いたのかと見誤る。
「霜を待つまがきの菊の宵のまに―・ふ色は山のはの月」〈新古今・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

置き迷ふの関連キーワード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android