コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月影 ゲツエイ

デジタル大辞泉の解説

げつ‐えい【月影】

月の光。つきかげ。

つき‐かげ【月影】

月の形。月の姿。月。 秋》「―をくみこぼしけり手水鉢/立圃」
月の光。月のあかり。月光。「淡い月影
月光に照らされて映る人や物の姿。
「ほのかなりし―の見劣りせずは、まほならむはや」〈橋姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

月影

京都府京都市、亀屋清永が製造・販売する銘菓。羊羹状の黒砂糖の中に胡桃が入っている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

げつえい【月影】

月の光。また、月。つきかげ。

つきかげ【月影】

月の光。月光。 「 -さやかな夜」
月の形。月の姿。 「水面にうつる-」
月の光で照らし出された物の姿。 「ほの見奉り給へる-の御かたち/源氏 賢木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の月影の言及

【当身技】より

…当(あて),当身,当技(あてわざ)ともいう。人体の急所とされる天倒(てんとう)(頭頂部),烏兎(うと)(みけん),霞(かすみ)(こめかみ),人中(じんちゆう)(鼻下),水月(すいげつ)(みぞおち),明星(みようじよう)(下腹部),電光(でんこう)(右ひばら),月影(げつえい)(左ひばら),釣鐘(つりがね)(睾丸),ひざ関節などを,こぶし,指先,ひじなどで突いたり,こぶし,手刀などで打ったり,ひざ,蹠頭(せきとう),かかとなどでけったりして相手に苦痛をあたえ参らせる技である。現在は乱取(らんどり)(自由練習)や試合における勝敗が中心となり,投げ技と固め技だけが使われ,当身技は危険であるので禁じられているため,活用がおろそかになっている。…

※「月影」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

月影の関連キーワードつんざき行路、されるがまま月影兵庫あばれ旅〈II〉キュアムーンライト千葉県印西市浦部京都府京都市かかはゆし忍者月影抄ゆかりの月漆間 徳定玉兎・玉兔押し明け方江出乃月漆間徳定行く影の残りの菊差し汲む平田千華置き迷ふ高田聖子南条範夫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月影の関連情報