コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅漢図 らかんず

世界大百科事典 第2版の解説

らかんず【羅漢図】

釈迦が涅槃のとき,正法を付嘱され,この世にとどまって正法を護持することを命じられたという羅漢の像は,中国,日本などで絵画や彫刻にあらわされた。その絵画化は中国の六朝時代に始まっているが,唐時代に玄奘(げんじよう)によって《法住記》が訳出され,十六羅漢の名称,所在地などが明確となり,信仰が始まった。その後,仏教の教主釈迦への信仰が,法身から実在の釈迦へと移り変わるにつれて,羅漢信仰は盛んとなり,中国では宋以後,日本では平安時代以降,十六,十八,五百羅漢などのおびただしい作品が描かれ,現存遺品も数多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羅漢図の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町湯本北海道古平郡古平町長谷川左近長谷川等伯横井孫九郎中村 不折総持寺祖院矢野良勝秋月等観久隅守景狩野正信狩野芳崖中村不折高森砕巌狩野孝信狩野一信加藤信清宅磨栄賀法憧寺李公麟

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅漢図の関連情報