羅綺の重衣(読み)らきのちょうい

  • の 重衣(ちょうい)
  • らき
  • 羅綺

精選版 日本国語大辞典の解説

うすぎぬやあやぎぬの衣服でさえ重たそうに見えるというところから、なよなよとした女性のさまにいう。
※菅家文草(900頃)二・早春内宴、侍仁寿殿、同賦春娃無気力「彼羅綺之為重衣、妬情於機婦
※読本・双蝶記(1813)四「羅綺(ラキ)の重衣(チョウイ)にたへざりし昔にかはりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android