コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊腸構造 ようちょうこうぞうenterolithic structure

岩石学辞典の解説

羊腸構造

ある種の堆積岩変成岩の構造で,地層が圧力の影響を受けて強打され,倒れたことで形成される.蒸発岩などで鉱物が変質して体積が変化した場合に見られることがある[Grabau : 1920].岩石の化学変化に伴う体積変化によってできた波長の小さい褶曲[木村ほか : 1973].ギリシャ語のenteronは腸の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android