コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸発岩 じょうはつがん

岩石学辞典の解説

蒸発岩

evaporite, evaporate, salinastone: 溶液から水の蒸発および化学的物質の沈澱により形成された堆積物[Berkey : 1922].evaporiteは同じ意味である[Grabau : 1920].サリナストーン(Salinastone)[Shrock : 1948].
evaporitic rock: 溶液中の水が蒸発したために鉱物が沈澱して形成された岩石.蒸発岩は閉じた窪地で普通に作られ,岩塩硬石膏石膏などが含まれる[Carozzi : 1960].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蒸発岩【じょうはつがん】

海または湖(特に塩湖)の水が蒸発して,水中に溶けていた物質が沈殿してできる岩石。化学的堆積岩の一種。岩塩,硬セッコウ,カリ塩など。一般に,下から上に次のような堆積順序が認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうはつがん【蒸発岩 evaporite】

塩水湖あるいは閉じられた海域で,海水の蒸発によって塩分が濃縮し,沈殿してできた化学的沈殿岩。蒸発残留岩ともいう。おもな塩類は岩塩NaCl,セッコウCaSO4・2H2O,硬セッコウCaSO4で,それ以外は少ない。1000mの厚さの海水が蒸発すると,15mの厚さの塩類――0.4mがCaSO4,11.6mがNaCl,残り3mがNa,Mgを含む塩類――ができる。大陸の4分の1の地域に分布し,資源として重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸発岩
じょうはつがん
evaporite

陸域内に閉じ込められた海水あるいは塩湖水の蒸発によって、その中に溶けていた化学物質が析出沈殿してできた堆積(たいせき)岩の総称。蒸発岩をつくる主要な鉱物には、岩塩、カリ岩塩、石膏(せっこう)、硬石膏などがあり、いずれも鉱床として重要である。蒸発岩は普通、石灰岩や苦灰岩(ドロマイト)に伴って産するが、その生成には乾燥気候が必要であり、地質時代の蒸発岩は古環境の推定に役だつ。アフリカ、中央アジア、アメリカなどの砂漠地帯に現在形成されているのが知られている。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蒸発岩の関連キーワードミシシッピ・バレー型鉱床ポーフィロクリスティック硬セッコウ(硬石膏)エンテロリシック構造シュタスフルトキーセリタイトクリスティック古気候指示物グローバー石エプソマイトザイベリー石カーナライト岩塩ドームレンジック新赤色砂岩カーノイル羊腸構造蒸発鉱床塩水湖湖成層

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android