美努清名(読み)みのの きよな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美努清名 みのの-きよな

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)14年(872)菅原道真(みちざね)とともに存問渤海(ぼつかい)客使となり,同領客使を兼任。元慶(がんぎょう)3年(879)に従五位下となり,一族とともに河内(かわち)(大阪府)から左京三条にうつす。明経(みょうぎょう)家として,大極殿の火災などによる廃朝の有無に関して諮問をうけ,意見を具申した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android