コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美努清名 みのの きよな

1件 の用語解説(美努清名の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美努清名 みのの-きよな

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)14年(872)菅原道真(みちざね)とともに存問渤海(ぼつかい)客使となり,同領客使を兼任。元慶(がんぎょう)3年(879)に従五位下となり,一族とともに籍を河内(かわち)(大阪府)から左京三条にうつす。明経(みょうぎょう)家として,大極殿の火災などによる廃朝の有無に関して諮問をうけ,意見を具申した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

美努清名の関連キーワード朝右王海部男種麻呂粟鱒麻呂上毛野永世賀茂岑雄讃岐時人平好風伴河男中臣逸志山田弘宗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone