明経(読み)メイケイ

  • みょうぎょう
  • みょうぎょう ミャウギャウ
  • みょうぎょう〔ミヤウギヤウ〕

大辞林 第三版の解説

経書すなわち周易・尚書・詩経・三礼・左伝・論語・孝経など、中国の儒教の経典を学び明らかにすること。めいけい。
中国で、唐代に行われた科挙の科目の一。経書に関するもの。
みょうぎょう明経

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 経書(けいしょ)を学ぶこと。経書に通じること。
※令集解(798)学「延暦十七年三月十六日官符云。〈略〉而以去宝亀七年。遣唐使明経請益直講博士正六位上伊与部連家守」
② 令制の官人登用試験の一部門。秀才・進士・明法とならんで主要な四部門をなす。令に規定された経書のうち二経以上に通じるか否かを試み、合格者にはその成績に従って位階・官職が与えられる。
※令義解(718)選叙「凡秀才出身。上々第正八位上。〈略〉明経上々第正八位下」
③ 令制での官人の種別の一つ。登用試験の明経部門を経て官人となった者。
※令義解(718)選叙「明経。取学通二経以上
④ 令制の学制で、大学寮に置かれた課程の一つ。経書の専攻を内容とし、論語・孝経のほか、周易・尚書・三礼(さんらい)・詩経・左伝などを学習した。令の規定では、算・書の二課程に対する一般課程であったが、のち、紀伝・明法の二課程が置かれるに至ってこの称が与えられた。明経道。
※類聚符宣抄‐九・長徳元年(995)八月一九日「令条所載、学生四百人者、是明経之生徒也」
※続本朝往生伝(1101‐04)「明法則允亮、允正、明経則善澄、広澄、武士則満仲、満正」
〘名〙
① 唐代、中国で行なわれた官吏登用試験である科挙の一科。経書に精通しているかどうかを試験したもので、唐初には進士科とともに盛んであったが、進士科に比べて合格しやすかったことから、及第者が軽視され、昇進の道からも遠ざかったので次第に衰え、特に宋代に入ってからは進士科のみが行なわれるようになった。〔新唐書‐選挙志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中国の官吏登用試験,科挙の一科目
唐代の科挙では,秀才進士・明経・明法などの科目が設けられた。やがて文才を試す進士に人気が集まるようになり,経書の暗記力を試す明経は次第に応募者が減り,北宋中期には廃止された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の明経の言及

【考試】より

…つぎに中国の科挙にならった式部省による官人採用試験は,(1)秀才は博学高才のものを採り,方略試2条を試験して,上上~中上第の四等が及第,上上第は正八位上,上中第は正八位下に叙した。(2)明経(みようぎよう)は二経以上に通じたものを採る。経籍10条を試験し,上上~中上第が及第で,上上第は正八位下,上中第は従八位上を授けた。…

【科挙】より

…従来科挙は次代煬帝(ようだい)の大業年間(605‐618)に創始されたと考えられてきたが,これは誤りである。
[変遷]
 唐は隋制を受け,科挙に秀才,進士,明経,明法その他の科目を設けた。秀才には政治上の意見などを問う策論を課するが,採点が厳しすぎて合格者がなくなり廃止された。…

※「明経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

明経の関連情報