コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明経 ミョウギョウ

4件 の用語解説(明経の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みょう‐ぎょう〔ミヤウギヤウ〕【明経】

論語孝経などの経書(けいしょ)を講究すること。めいけい。

めい‐けい【明経】

中国の代に行われた科挙の一科。経書に通じているかどうかを試験したもの。
みょうぎょう(明経)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうぎょう【明経】

経書すなわち周易・尚書・詩経・三礼・左伝・論語・孝経など、中国の儒教の経典を学び明らかにすること。めいけい。

めいけい【明経】

中国で、唐代に行われた科挙の科目の一。経書に関するもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の明経の言及

【考試】より

…つぎに中国の科挙にならった式部省による官人採用試験は,(1)秀才は博学高才のものを採り,方略試2条を試験して,上上~中上第の四等が及第,上上第は正八位上,上中第は正八位下に叙した。(2)明経(みようぎよう)は二経以上に通じたものを採る。経籍10条を試験し,上上~中上第が及第で,上上第は正八位下,上中第は従八位上を授けた。…

【科挙】より

…従来科挙は次代煬帝(ようだい)の大業年間(605‐618)に創始されたと考えられてきたが,これは誤りである。
[変遷]
 唐は隋制を受け,科挙に秀才,進士,明経,明法その他の科目を設けた。秀才には政治上の意見などを問う策論を課するが,採点が厳しすぎて合格者がなくなり廃止された。…

※「明経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明経の関連情報