美濃の家づと(読み)ミノノイエヅト

デジタル大辞泉の解説

みののいえづと〔みののいへづと〕【美濃の家づと】

新古今集の注釈書。5巻。本居宣長著。寛政3年(1791)成立、同7年刊。新古今集から和歌696首を選んで文法的に注釈し、新注の先駆けとなったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

みののいえづと みののいへづと【美濃の家づと】

注釈書。五巻五冊。付録三巻三冊。本居宣長著。内題「新古今集美濃の家つと」。付録「美濃の家づと折添」。寛政七年(一七九五)刊。「新古今集」の六九六首について文法的に詳細に注釈したもので、寛政三年美濃の門人大矢重門の帰郷に当たって与えたところからの名称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android