内題(読み)ナイダイ

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

和漢書の本文巻首や目次などに掲げてある書名表紙にある外題に対する語.内題のうち,特に本文第1行にある書名を巻頭書名といい,和漢書では最も信頼の置ける書名とされる.そのほかの内題として,記載場所により,見返し題,扉題,序題,凡例題,目録題,巻首題,尾題などがある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 書物の扉(とびら)や本文の初めなど内部に書いてある題名。外題(げだい)・尾題に対していう。江戸末期までは一般に、外題や尾題にくらべて内題がくわしかった。
※殿暦‐康和四年(1102)二月一三日「紺泥御経書外題并内題」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android