美濃囲い(読み)ミノガコイ

デジタル大辞泉の解説

みの‐がこい〔‐がこひ〕【濃囲い】

将棋で、囲いの陣形の一。王将を飛車の定位置に移し、その左に銀将、その銀将の左下に金将、その金将の左上にもう1枚の金将を配する形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みのがこい【美濃囲い】

将棋の駒組こまぐみの一。振り飛車と併用し、飛車の位置に王将を移し囲うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃囲いの関連情報