飛車(読み)ひしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐しゃ【飛車】

〘名〙
① 空中を飛行する車。飛ぶ車。
※十巻本和名抄(934頃)三「飛車 兼名苑注云奇肱国人〈今案国人無右臂故名之〉能作飛車従風飛行故曰飛車」
② 将棋の駒の一つ。縦横に制限なく動くことができる。敵陣の三段目以内にはいって龍王となると、さらに斜め四方に一ますずつ動くことができる。角行とともに大駒と呼ばれる。飛。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「飛車は一方の大将なれば後に龍王となる」

とぶ【飛】 車(くるま)

空を飛ぶ車。
※竹取(9C末‐10C初)「立てる人どもは、装束の清らなる事、物にも似ず。とぶ車一つ具したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しゃ【飛車】

将棋の駒(こま)の一。縦横に何間でも動け、成ると竜王となり、斜め前後にも1間ずつ動ける。
空中を飛ぶという車。
「我が―に相乗せて、仏の御許(みもと)に率(ゐ)て参りて」〈今昔・一・二九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android