美濃太田(読み)みのおおた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美濃太田
みのおおた

岐阜県南部,美濃加茂市の中心市街地。中山道木曾川渡船場にあたる宿場町として発展。脇本陣が残る。尾張藩が木曾川を流下する筏の管理と中山道を治める代官所を設置,この地方の政治の中心地であった。現在は JR高山本線太多線長良川鉄道の交差する商業地,および日本ライン川下りの乗船場で観光地として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃太田の関連情報