コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃局 みののつぼね

1件 の用語解説(美濃局の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

美濃局

生年:生没年不詳
鎌倉時代の地頭。山上中将貞親の室(一説にはその母)。相模(神奈川県),豊後(大分県)の地頭領主大友能直の末娘。玖珠女房,横尾尼とも。仁治1(1240)年,豊後大野荘(直入郡)内上村半分地頭職を永代譲与された。同所領は按察使局(娘か)に相伝。玖珠女房の称は,玖珠郡の2村をも知行していたからであろう。局名は宗尊親王(後嵯峨天皇の子)の女房だったためと考えられる。<参考文献>『豊後国大野荘史料』

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美濃局の関連キーワード鎌倉時代一分地頭地頭請け総地頭大友貞親吉川経光定西長井静瑜藤原国重山代固

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone