コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大友氏 おおともうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大友氏
おおともうじ

鎌倉時代に能直を祖とする豊後の豪族。本領は相模国大友郷であるが,能直は源頼朝に仕えて御家人となり,養父中原親能から豊後国大野荘地頭職を譲られ,豊後に勢力をもった。親秀のときには豊後守護に補任されており,跡を継いだ頼泰は蒙古襲来に際して,豊後守護,鎮西談義所奉行として活躍。南北朝内乱期には足利氏に属し,菊池氏などと戦って勢力を拡大,豊前,筑後にまで所領を有する守護大名に成長。戦国時代の義鎮 (→大友宗麟 ) のときは全盛期で,肥前の龍造寺氏,薩摩の島津氏と九州を3つに分けたが,天正6 (1578) 年島津氏と戦って大敗,以後ふるわなくなり,義統が文禄の役のとき卑怯なふるまいがあったとして,秀吉の怒りに触れ,除封された。子孫は徳川家に仕えて高家 (こうけ) となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大友氏【おおともうじ】

藤原氏の末流。相模国足柄(あしがら)郡大友郷を本拠とする。初代能直(よしなお)は中原親能の猶子で,源頼朝の有力な御家人。代々,鎮西奉行を世襲したとの説があるが未詳。
→関連項目阿蘇氏陰徳太平記大分[県]大分[市]大野荘(大分)九州征伐田渋荘府内豊後国門司関

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

大友氏

 豊後[ぶんご]国の大名です。もともと、相模[さがみ]国の大友郷[おおともごう]を支配していたので、大友氏と名乗るようになりました。元寇[げんこう]の時に豊後にうつり、現在の大分市を拠点にします。一番領地が広かったのが、戦国時代の大友宗麟[おおともそうりん]の時で、九州北部を支配していましたが、島津[しまづ]氏との戦いに負け、豊後1国になってしまいます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおともうじ【大友氏】

中世九州の名族の一つ。京都の中級貴族出身で源頼朝につかえ,九州支配にも関与した中原親能の猶子能直にはじまる。能直は頼朝の側近の武士の一人で相模国大友郷を本拠とし,大友の苗字はそこからはじまる。能直のときから豊後守護に任じた可能性が強く,以後中世を通じてこの地位を世襲した。九州へ下向したのは3代頼泰(泰直)のときで,頼泰は鎮西談議所の奉行にも任じ,蒙古を博多に迎撃したときの指揮者の一人でもあった。なお頼泰のとき,鎮西奉行として武藤氏とともに九州を統轄したという説があるが,今のところ確定的ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大友氏
おおともうじ

鎌倉初期、相模国(さがみのくに)大友郷(神奈川県小田原市)より興る。初代能直(よしなお)の出自については諸説あり、源頼朝(みなもとのよりとも)の庶子といわれているが疑わしい。能直のとき豊後国(ぶんごのくに)(大分県)大野荘(おおののしょう)の地頭職(じとうしき)を与えられ、豊後守護にも補任(ぶにん)されて同国における大友一族の基盤を形成した。以後、代々これらの職を受け継ぐ。初めは鎌倉幕府の有力御家人(ごけにん)として相模にいたが、1274年(文永11)の文永の役のとき惣家(そうけ)も豊後に移り、先に移住していた庶家(志賀氏など)とともに勢力を拡大した。南北朝時代の動乱を経て室町時代には、豊後、豊前(ぶぜん)、筑後(ちくご)に及ぶ有力な守護大名、さらに19代義長(よしなが)、その子義鑑(よしあき)のときには戦国大名化して、21代義鎮(よししげ)(宗麟(そうりん))のとき、肥前(ひぜん)、肥後(ひご)、筑前(ちくぜん)に勢力を伸ばし最盛期を迎えた。1578年(天正6)日向(ひゅうが)耳川(みみかわ)で薩摩(さつま)の島津氏に敗れ、1587年豊臣秀吉(とよとみひでよし)の九州平定後、所領は豊後一国となる。その子義統(よしむね)(吉統)は文禄(ぶんろく)の役で失敗して秀吉の怒りに触れ、1593年(文禄2)豊後国を没収されて、初めは毛利輝元(もうりてるもと)、のちに佐竹義宣(さたけよしのぶ)に預けられた。江戸時代には義統の次子正照が松野と改姓し、肥後細川氏家臣となり3000石を得、正照の次子義孝は1688年(元禄1)高家(こうけ)となり、大友姓を継承した。[芥川龍男]
『芥川龍男著『戦国史叢書 豊後大友氏』(1972・新人物往来社) ▽渡辺澄夫著『大分の歴史3・4』(1977・大分合同新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大友氏の言及

【九州征伐】より

…1587年(天正15)豊臣秀吉が薩摩島津氏の服属を主目的に九州統一をするため,みずから行った戦役。島津氏は1578年大友氏を下して以降,その勢力を肥後,肥前,筑後に及ぼし九州を手中にする勢力に拡大した。その報を聞き,全国統一を画していた秀吉は,85年10月,勅を奉じて島津義久を諭し,大友氏と和を図らせる停戦令を出したが,島津氏は〈秀吉は由来なき仁,返書は笑止〉として応諾しなかったばかりか,島津氏の行動を正当とし,対決姿勢を示した。…

【詫磨氏】より

…中世肥後の武家。志賀,田原などとならぶ大友氏の有力庶家で,大友氏初代能直の次男能秀にはじまり,歴代詫磨別当と称する。能秀は能直から譲られた託麻郡の神蔵荘を本拠とし,その地頭下司職および隣接する飽田郡の鹿子木東荘の地頭下司職を領し,管内の名主層を従えていった。…

【立花氏】より

…筑後柳河藩主。豊後大友氏の支流。建武期,豊後守護大友貞宗の三男貞載が筑前宗像郡立花山城(現,福岡県粕屋郡新宮町立花)に拠って立花氏を称した。…

【筑後国】より

…59年(正平14∥延文4)8月,幕府方の少弐頼尚と宮方の菊池武光の両軍が当国大保原(おおほばる)に戦い,少弐氏は大軍にもかかわらず敗北した(筑後川の戦)。63年(正平18∥貞治2)9月には大友氏時が幕府から当国守護に補任され,守護職はそのまま子の氏継に伝えられた。71年(建徳2∥応安4)九州に下向した九州探題今川了俊は守護に補任され,国内の宮方の攻略にもあたった。…

【筑前国】より

…筑前を回復した大内氏は守護代・郡代といった支配機構の整備,軍事力の強化,知行給与の拡大,博多支配の強化といった領国支配の再編を行った。その後も少弐氏は筑前の回復を試みるが,当国においては従来から当国にも所領を有していた大友氏が台頭し,大内氏と争うようになる。1501年(文亀1)には少弐資元,大友親治が大内義興の兵と戦い,32年(天文1)には大内氏と大友氏のあいだに激しい戦闘がおこった。…

【鎮西探題】より

…探題の下には,裁判裁決の迅速・公正をはかるために裁判事務を行う評定衆,引付(ひきつけ)衆,引付奉行人などの職員が置かれ,その機構は1300年(正安2)7月ごろ急速に整備された。評定衆は北条氏一族,武藤氏,大友氏,島津氏のような守護級の御家人(ごけにん),渋谷氏,戸次(べつき)氏,安芸氏などそれに準ずる有力御家人,関東系の法律専門家によって構成され,その大部分が引付衆を兼任した。引付衆,引付奉行人は三番に分かれ,おのおの10人前後の職員がいた。…

【博多】より

…15世紀後半から16世紀前半にかけて,博多は大内氏の遣明船派遣の拠点となった。いっぽう1429年(永享1)に博多に進出した大友氏は,息浜に田原貞成を派遣して活発に対外貿易を行った。博多商人たちも朝鮮,明,琉球,東南アジアとの貿易に従事し,博多は国際的な商業都市として繁栄し,薩摩の坊津,伊勢の安濃津(津)とともに日本三津と称された。…

【肥後国】より

…それは菊池氏にとってたいへんな栄誉であり,以来代々世襲され,菊池氏が終始九州南朝方の中心となる最大の要因となった。菊池氏の活動は,豊後守護大友氏泰をして〈肥後のことは根本大綱に候〉といわせたように,内乱期における肥後国の政治的位置を特異なものとした。とりわけ菊池武光は,征西将軍懐良(かねよし)親王を迎え,阿蘇惟澄や八代荘の地頭職を得て入部した名和氏と協力して,探題一色氏や少弐氏,大友氏ら武家方を圧倒して大宰府に進出し,10余年にわたる征西府の黄金時代を築いた。…

【日向国】より

…旧国名。日州。現在の宮崎県および鹿児島県の一部。
【古代】
 西海道に属する中国(《延喜式》)。日向ははじめは九州南部一帯の呼称で熊襲,隼人の居住地をいった。8世紀初めまず薩摩国を分出し,ついで713年(和銅6)に日向国肝坏(きもつき),贈於(そお),大隅,姶(あいら)の4郡を分割して大隅国を設置し(《続日本紀》),九州南部の一国としての境域が確定した。《延喜式》によれば臼杵,児湯(こゆ),那珂,宮崎,諸県(もろかた)の5郡より成り,国府は児湯郡(現,宮崎県西都(さいと)市三宅国分)に置かれた。…

【豊前国】より

…宇佐,下毛郡の土豪は宇佐八幡宮の神官関係者で,大宮司家は宗教的権威のほかに巨大な荘園領主でもあり,鎌倉中期以降に武士化した。 南北朝時代になって,足利尊氏と直義(ただよし)兄弟が対立した観応の擾乱(じようらん)には豊前守護の少弐頼尚(しようによりひさ)が直義の養子直冬(ただふゆ)方につき,1351年(正平6∥観応2)尊氏は豊後の大友氏泰を豊前守護に任じた。その翌年大友氏時が代わって豊前守護になったが,54年(正平9∥文和3)宇都宮冬綱が豊前守護に任じられた。…

【豊後国】より

…このとき以降の惟栄の消息は不詳である。平氏滅亡後の惟栄らの動向が原因で,豊後が関東御分国になったと考えられているが,大友氏の豊後入部をめぐって,大野氏を中心とする武士団が抵抗して神角寺合戦が行われた。この戦いには肥前国の御家人源壱(さかん)も大友方に動員されており,大規模な合戦だったと考えられている。…

※「大友氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大友氏の関連キーワード黒田官兵衛孝高(よしたか)大分県大分市顕徳町豊後高田[市]美濃局(2)一万田鑑相竜造寺隆信大友氏遺跡大分[県]大分[市]田尻鑑種筑紫惟門秋月種方志賀義天詫磨満親志賀貞朝都甲惟孝高橋紹運独峰清巍秋月種実蒲池鎮並

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大友氏の関連情報