コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家子 ケゴ

デジタル大辞泉の解説

け‐ご【家子】

妻子・召使いなど、その家の者。いえのこ。
「これを給ひて―に給はせむ」〈竹取

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

家子【いえのこ】

中世武士団の構成員。一門の嫡流である惣領(そうりょう)に対して庶流のものをいったが,次第に家人と混用され,一族のほか家臣をも意味するようになった。→郎等

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いえのこ【家子】

中世武士団の構成員の一。奈良・平安時代には良家の子弟をさしてよばれたが,武士団の発展とともにその家結合の主要な構成員をさすようになった。武士団の家は惣領を中心とした血縁関係を結合の基礎においていたが(惣領制),家子とは惣領の子弟,一族庶子家の長,および血縁関係はないがこれに準ぜられた者をさす。家人(けにん)や郎従郎等などの従者とは区別され,本領をもち経済的には独立していて,武士団の中では高い地位をしめていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の家子の言及

【家中】より

…家中は主家の名を冠して〈前田様御家中〉〈伊達家御家中〉〈尾州家御家中様〉などと呼ばれ,その所属の藩士または藩であることを示した。狭い範囲の同族結合である家内という家中本来の意味が,武士団の成長につれて拡大され,大名に臣従する家子(いえのこ)や新参服属の郎党までも含めて家中または家中衆と呼ぶようになったのである。家中には大名の一門,譜代,外様などの区別があり,身分格式の差別を伴った。…

【郎等】より

…従者のうちでも地位の高い者を郎等といい,低い者は従類といった。郎等のうち主人一家に擬せられたのが家子(いえのこ)であり,家子,郎等,従類などをあわせて郎従という。郎等は中世初期武士団にあっては中核的存在であり,主人に名簿(みようぶ)を奉呈したり,また初参(しよさん)といってはじめて見参(げんざん)することにより,主従関係を形成した。…

※「家子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家子の関連情報