コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美術映画 びじゅつえいがfilms on art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美術映画
びじゅつえいが
films on art

美術作品を記録した映画。以前は記録映画に含まれていたが,第2次世界大戦後,この名称が一般化。スウェーデン,ベルギー,フランスなどでの古典美術の記録から盛んになり,各国で多くの作品が作られている。芸術家の創造過程,内部精神へ近づくため,移動撮影やクロース・アップ,照明,色彩などに工夫が凝らされ,エンメルの『キリストの生涯』 (1946) ,ストルク,ハーサールツの『ルーベンス』 (48) ,A.レネの『ゲルニカ』 (49) ,H.-G.クルーゾの『ピカソ-天才の秘密』 (56) などすぐれた作品が誕生している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

美術映画の関連キーワードアンリ・ジョルジュ クルーゾドキュメンタリー映画滋賀県立近代美術館アレシンスキー勅使河原 宏アラン レネ山田 伸吉竹田のり子清水哲男堀麗子

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美術映画の関連情報