コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群衆行動 ぐんしゅうこうどうcollective behaviour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群衆行動
ぐんしゅうこうどう
collective behaviour

群衆がある同じ出来事関心対象として同じように感情的に反応した結果起る集合的な行動をいう。大衆行動と違う点は,G.ル・ボンが指摘したように,関心の対象となった出来事が偶発的なものであること,構成員が個人として自己喪失に陥ること,多数の人々の間に心理的感染が起ることなどである。 N.スメルサーは,これを価値志向運動,規範志向運動,敵対的突発行為,熱狂的行動,恐慌的行動の5つのタイプに分けた。群衆行動には求心的攻撃的なもの (リンチ,テロ,暴動) と,遠心的逃避的なもの (パニック) とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

群衆行動の関連キーワード集団意識集合行動敵意

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android