コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義清 ぎせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義清 ぎせい

ぎしょう

義清 ぎしょう

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)無動寺阿闍梨(あじゃり)。嗚呼絵(おこえ)の上手(じょうず)として知られ,簡略な線で対象物の形態をよくとらえた戯画をかいたと,「今昔物語集」はつたえている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義清の関連キーワード山梨県中巨摩郡昭和町西条信州川中島合戦佐々木政義小山田信有川中島の戦佐々木泰清小笠原長時谷崎 十郎甲源一刀流忍峡稜威兄市川大門武田信玄真田幸隆板垣信形安田義定西行物語横田高松村上義清宮川房勝前田義子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義清の関連情報