コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗚呼絵 おこえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嗚呼絵
おこえ

「ばかげたおどけ絵」の意味で,平安時代から鎌倉時代にかけて用いられた言葉。風刺や滑稽を目指した戯画の一種と考えられる。『今昔物語』に比叡山無動寺の僧義清が嗚呼絵の名手であったとの説話があり,これによれば嗚呼絵は線描本位の絵画であったらしい。また『古今著聞集』には鳥羽僧正覚猷に関する同様な説話が載り,嗚呼絵は画技のすぐれた僧侶間で発達したらしく,『鳥獣人物戯画』中の第3,4巻の人物戯画や,放屁合戦などを描いた愛媛,太山寺蔵の『ざれ絵』 (模本) は,この系統をひくものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

嗚呼絵【おこえ】

平安時代以降盛んに行われた滑稽(こっけい)味のある題材を風刺的に描いた戯画。運動性のある主題白描で一筆画風に簡潔に表現したもの。《鳥獣戯画》の中の人物戯画はその例とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

嗚呼絵の関連キーワード柳田国男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android