コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗚呼絵 おこえ

2件 の用語解説(嗚呼絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嗚呼絵
おこえ

「ばかげたおどけ絵」の意味で,平安時代から鎌倉時代にかけて用いられた言葉。風刺や滑稽を目指した戯画の一種と考えられる。『今昔物語』に比叡山無動寺の僧義清が嗚呼絵の名手であったとの説話があり,これによれば嗚呼絵は線描本位の絵画であったらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

嗚呼絵【おこえ】

平安時代以降盛んに行われた滑稽(こっけい)味のある題材を風刺的に描いた戯画。運動性のある主題を白描で一筆画風に簡潔に表現したもの。《鳥獣戯画》の中の人物戯画はその例とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone