コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗚呼絵 おこえ

2件 の用語解説(嗚呼絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嗚呼絵
おこえ

「ばかげたおどけ絵」の意味で,平安時代から鎌倉時代にかけて用いられた言葉。風刺や滑稽を目指した戯画の一種と考えられる。『今昔物語』に比叡山無動寺の僧義清が嗚呼絵の名手であったとの説話があり,これによれば嗚呼絵は線描本位の絵画であったらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

嗚呼絵【おこえ】

平安時代以降盛んに行われた滑稽(こっけい)味のある題材を風刺的に描いた戯画。運動性のある主題を白描で一筆画風に簡潔に表現したもの。《鳥獣戯画》の中の人物戯画はその例とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

嗚呼絵の関連キーワード供与体戯け戯け絵戯け口戯け芝居戯け者馬鹿げる目付け絵日計り平景隆

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone