コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯画 ぎがcaricature and cartoon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戯画
ぎが
caricature and cartoon

滑稽化,風刺化して描かれた絵。日本で専門画家により衆目に触れることを目的として,滑稽でしかも風刺的な内容の戯画が描かれたのは平安末期~鎌倉初期の『鳥獣人物戯画』が最初とされる。それ以前には縄文時代の壺にみる線刻の人物戯画,奈良時代のものとしては法隆寺金堂格天井の人物や動物戯画,唐招提寺の梵天,帝釈天像の台座裏の人物風俗戯画,平安時代には鳳凰堂壁画の人物戯画などがあるが,これらの多くは衆目に触れることを目的とせず,滑稽な内容のものにとどまっている。自分の描いた絵を謙遜していう場合の用語としても使う。 (→カリカチュア )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐が〔‐グワ〕【戯画】

戯れに描いた絵。また、誇張したり風刺を交えたりして描いたこっけいな絵。ざれ絵。カリカチュア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

戯画【ぎが】

滑稽(こっけい)な内容の絵で,《鳥獣戯画》のように用いた。現在ではカリカチュアの訳語として用いられる。また専門の画家が興にまかせて戯れに描いた絵を自らいう場合もある。
→関連項目大津絵嗚呼絵河鍋暁斎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎが【戯画】

たわむれに描いた絵。また、風刺や滑稽をねらって描いた絵。ざれ絵。風刺画。カリカチュア。 〔「附音挿図英和字彙」(1873年)に caricature の訳語として載っている〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の戯画の言及

【カリカチュア】より

…対象の特徴を鮮明に示すために誇張・省略された形,あるいは本来の意味から逸脱して利用された形をもつ絵画(まれに彫刻)。戯画,漫画,場合によっては風刺画と呼ばれる。諧謔(かいぎやく)や風刺を目的とする点で,表現主義芸術や図式化・単純化された形,あるいは信仰や神話に関連する人獣合体した異様な姿などとは区別される。…

【風刺画】より

…画家がその対象(特定個人,職業,階級,社会の風習,政治的事件,著名な物語や寓話など)を風刺するために,意図的に誇張,逸脱したり,グロテスク化することなく,むしろ客観的に観察し,リアルに表現した作品。一般にはカリカチュア(対象の特徴や欠陥を極端にゆがめて嘲笑する戯画)と同義に解されがちだが,厳密にいうと風刺画にはカリカチュアの手法が用いられる場合とそうでない場合とがある。ここでは後者の作例について述べ,前者については〈カリカチュア〉の項目を参照されたい。…

※「戯画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戯画の関連キーワードジャン・ルイ フォラン地口行灯・地口行燈カリカチュアライズ痴絵・烏滸絵・癡絵地口あんどんファービアン河童(文学)エピカルモスキューピーマリアンヌ天国と地獄あぶな絵川島雄三仁山貴恵岡本一平坂口安吾俯瞰撮影梅野江雪地口行灯団団珍聞

戯画の関連情報