コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿闍梨 あじゃり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿闍梨
あじゃり

サンスクリット語 ācārya音写。師匠の意。文字どおりの意味は,伝統的な正しい態度,習慣や,確定された規定などを知り,保ち,実行する人の意。師を意味するほかの言葉グル guruに比して非常に古く,『アタルバ・ベーダ』にすでにみえる。上級カーストの少年になされる入門式,およびその教育の期間に指導教育するバラモンが,こう呼ばれた。仏教においても同様で,精神的な指導をする侶をさし,特殊な場合は戒を授ける師をさす。日本では僧職の一つに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あざり【××梨】

あじゃり(阿闍梨)

あじゃり【××梨】

《〈梵〉ācāryaの音写「阿闍耶(あじゃりや)」の略。教授・軌範・正行などと訳す》
弟子たちの模範となる高僧敬称。あざり。
密教で、修行を完了し、伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受けた僧。また、伝法灌頂職位を受けた、天台宗真言宗の僧。あざり。
勅旨によって修せられる法会を執行する僧。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

阿闍梨【あじゃり】

サンスクリット,アーチャーリヤの音写で,軌範師と訳す。仏教で弟子を教授し,その軌範となる師。律宗密教などでは特殊な授戒の場合に限って師をこの名で呼ぶ。日本では僧の階級の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじゃり【阿闍梨】

サンスクリットācāryaの音写。阿舎梨,阿闍梨耶とも書く。一般には師,師匠の意。バラモンでは弟子にベーダ等の儀則を教示する人を指した。小乗仏教では弟子の行為を正し,師範として教授する徳の高い僧を指す。規範師と訳す。四分律では出家,受戒,教授,受経,依止の5種の阿闍梨があるとする。大乗円頓戒では文殊を羯磨阿闍梨,弥勒を教授阿闍梨と称する。密教では大日如来や諸仏菩薩を指す場合もあるが,狭義には灌頂(かんぢよう)の導師および伝法灌頂を受けたものを阿闍梨という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あざり【阿闍梨】

あじゃり(阿闍梨) 」に同じ。 「願なども立てさせむとて-ものせよと言ひやりつるは/源氏 夕顔

あじゃり【阿闍梨】

ācārya の音写。軌範師・教授・正行などと訳す。「あざり」とも〕
〘仏〙
密教で、修行が一定の段階に達し、灌頂かんじようを受けた僧。
日本で、真言・天台両宗の僧に与えられた職位。
修法を執り行う僧。 「修法始めむと仕れば、-にまうでくる人もさぶらはぬを/大鏡 道隆
密教系の僧に対する敬称の一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿闍梨
あじゃり

サンスクリット語アーチャーリヤcryaの音訳。軌範師(きはんし)と漢訳する。先生の意であるが、仏教では弟子を教え範となる師、高僧をいう。バラモン教ではベーダなどの儀式の教授者を意味した。『四分律(しぶんりつ)』によると、インド仏教では師匠に2種の別があり、授戒師を和尚(おしょう)といい、教授師を阿闍梨とよんだ。安居(あんご)を5回以上行った戒律に詳しい僧がなり、出家、受戒、教授、受経、依止(えし)の種別がある。後世の密教では伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受けた僧をさす。日本では真言宗、天台宗の僧の職名。[小川 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の阿闍梨の言及

【学侶】より

…いずれも最高位の検校(けんぎよう)にまで昇進できる。学侶の位階は大法師,入寺,三昧,山籠,阿闍梨と進むが,﨟次(ろうじ)に従うのを原則とし,途中学道3年目から加入するのを横入(おうにゆう)と称した。﨟次に応じて年俸や供料がついた。…

【僧】より

…比丘とは乞食者(パーリ語のビックbhikkhu)の意味で,仏教の修行者が元来,出家・遊行を旨とし,托鉢(たくはつ)すなわち鉢を持って食を乞うて生活する沙門(しやもん)であったことに由来する。修行者はまた,教団内の役割に応じて,上座(大衆を統率する),維那(寺務をつかさどる),阿闍梨(あじやり)(大衆の教育に当たる),和尚(弟子を養育する)等とよばれ,あるいは法師(在家信者へ説法。布教者),瑜伽師(ゆがし)(禅師。…

【伝法】より

…密教では加行と授戒を経て,伝法灌頂(でんぼうかんぢよう)を受けることができる。これによって阿闍梨(あじやり)となり,次の受者に伝法することができるようになる。これを伝法職位(しきい)という。…

※「阿闍梨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿闍梨の関連キーワード青蓮院宮尊道入道親王仁和寺宮性承法親王灌頂の師・潅頂の師伝法灌頂・伝法潅頂勧修寺宮済深法親王聖護院宮道寛法親王閼伽灌頂・閼伽潅頂聖助法親王(2)サンスクリット語サンスクリット軌範師・規範師後七日の阿闍梨伝法阿闍梨位尊悟入道親王尊円法親王覚恵法親王召し入る敦昌親王癡空慧澄灌頂の師

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿闍梨の関連情報