コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義義 ギギ

デジタル大辞泉の解説

ぎぎ【義義】

ナマズ目ギギ科の淡水魚。全長約30センチ。体は長く、口のひげが8本ある。脂びれをもち、尾びれは後縁中央が切れ込む。体色は黄色で暗灰褐色の斑紋がある。背びれ胸びれとげがあり、刺されると痛む。胸びれを動かしてギーギーと音を立てるところからこの名がある。本州中部以南と四国の一部に分布。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎぎ【義義】

〔胸びれのとげとその付け根の骨をこすり合わせて、ギーギーと音を立てることから〕 ナマズ目の淡水魚。全長20センチメートル 内外。体は細長く、四対の口ひげをもつ。灰褐色で、暗色の不規則な斑紋がある。背びれと胸びれに一本ずつとげをもち、刺されると非常に痛む。食用。本州中部以南と四国に分布する。ハゲギギ。ググ。
ゴンズイの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

義義の関連キーワードゴンズイ口ひげ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android