コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽根直樹 はね なおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽根直樹 はね-なおき

1976- 平成時代の囲碁棋士。
昭和51年8月14日生まれ。父羽根泰正の指導のもと棋士をこころざし,平成3年入段。13年天元位を獲得。14年日本棋院史上最速の11年3ヵ月で九段となる。16年山下敬吾をくだし棋聖位につく(中部総本部所属棋士初の三大タイトル獲得)。17年600勝を達成。20年高尾秀紳(紳路)をやぶり,本因坊となる。21年公式戦通算700勝を達成。三重県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

羽根直樹の関連キーワード若手四天王(囲碁の)本因坊戦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽根直樹の関連情報