コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九段 くだん

7件 の用語解説(九段の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九段
くだん

東京都千代田区北西部の地区。また山手台地から下町に下る坂の名。都内のサクラの名所である靖国神社日本武道館千鳥ヶ淵北の丸公園がある。都営地下鉄新宿線,東京地下鉄東西線,半蔵門線が交差。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くだん【九段】

東京都千代田区西部の地名。江戸時代に9層の石段を築いて幕府の御用屋敷を造り、九段屋敷と呼んだところからの名。靖国神社がある。

くだん【九段】[曲名]

箏曲(そうきょく)の段物の一。九段の調。
生田流山田流で、「六段」にならって作られた曲。
八橋流で、「六段」とその後半三段を続けて演奏する形式の曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

九段【くだん】

東京都千代田区の一地区。山手台地から神田へ下る九段坂とその両側をいい,江戸時代,坂は9層の石段で築かれ,幕府の御用屋敷(九段屋敷)があった。学校が多く,坂上に靖国神社,坂下に区役所,九段会館,昭和館があり,東端は地下鉄九段下駅,西端はJR,地下鉄市ヶ谷駅に接する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

くだん【九段】

東京都千代田区西部の地名。九段坂上に靖国神社がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕九段(くだん)


東京都千代田区北西部にある地区。
靖国(やすくに)神社がある。明治中期まで、九段坂が山の手と下町との境目であった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九段
くだん

東京都千代田区西部の地区。麹町(こうじまち)台から神田(かんだ)方面へ下る坂(九段坂)に、江戸時代、9層の石段を築き、幕府の御用屋敷を建て九段屋敷と称したことが地名の由来。台地上に1869年(明治2)東京招魂(しょうこん)社が設立、1879年靖国(やすくに)神社と改称し、九段の名は靖国神社の別称として全国に知れ渡った。なお急坂は関東大震災後改修され現在のようになった。内堀の牛ヶ淵(うしがふち)に沿って旧軍人会館の九段会館(2011年廃業)、戦中・戦後の国民生活の資料を集めた博物館の昭和館などがあり、千鳥ヶ淵(ちどりがふち)に沿ってサクラ並木の遊歩道が美しい。靖国神社には1890年建立した日本最初の銅像大村益次郎(ますじろう)の像、日本一の大鳥居(高さ25メートル、1974年再建)がある。九段北と九段南を分ける靖国通りに都営地下鉄新宿線が通り、九段下駅では東京メトロ東西線・半蔵門線と連絡する。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九段の関連キーワード東京都千代田区内神田東京都千代田区神田神保町東京都千代田区神田須田町東京都千代田区神田多町東京都千代田区神田司町東京都千代田区神田錦町東京都千代田区外神田東京都千代田区千代田東京都千代田区西神田東京都千代田区東神田

九段の関連情報