翁舞(読み)おきなまい

  • おきなまい ‥まひ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 能楽で「翁」のシテが翁面をつけて舞う舞。特に「翁」で舞う神楽(かみがく)をさすこともある。
※俳諧・犬筑波集(1532頃)雑「おきな舞こそはぢをかきけれ 道中にやたらりとふまるらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の翁舞の言及

【翁】より

…確実な文献は1283年(弘安6)の春日若宮の臨時祭礼記で,舞楽・田楽・細男(せいのお)などとともに,猿楽は児(ちご)・翁面・三番猿楽・冠者・父允(ちちのじよう)を一組とする翁猿楽を演じている。このころには猿楽のほうでは翁舞の一つの形式が成立していたらしい。現存最古とされる翁舞の面も鎌倉時代のもので,完成された様式をもつ。…

【舞】より


[田楽の舞]
 田楽は,平安中期に起こり,最初は耕田行事にかかわるしろうとの神事芸能であったが,10世紀に入って,散所民がそれを専業とするようになり,そこから,貴族の邸宅や寺院の中門で演じられる,中門口(ちゆうもんぐち)という舞を生じた。
[猿楽の舞]
 呪師猿楽(しゆしさるがく)に関係の深い翁舞をはじめ,猿楽にはもともと歌舞の要素があった。鎌倉時代にも乱舞と呼ばれて,さまざまな歌舞がとり入れられていたらしい。…

※「翁舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翁舞の関連情報