習慣は自然の如し(読み)しゅうかんはしぜんのごとし

精選版 日本国語大辞典「習慣は自然の如し」の解説

しゅうかん【習慣】 は=自然(しぜん)[=天性(てんせい)]の如(ごと)

習慣は知らないうちに深く身について、生まれつきもっている天性のようになる。習い性となる習慣は第二の天性なり
童子問(1707)中「始初為其所誤、則為終身之大害。習慣如天性、漸染難磨淬」 〔孔子家語‐七二弟子解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android