老職(読み)ろうしょく

精選版 日本国語大辞典「老職」の解説

ろう‐しょく ラウ‥【老職】

〘名〙 幕府大老または老中などの称。また、大名の家老などの称。
※歌舞伎・独道中五十三駅(1827)四幕「それにて老職が勤まらうと思ふか。たはけ者めが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android