諸大名(読み)しょだいみょう

精選版 日本国語大辞典「諸大名」の解説

しょ‐だいみょう ‥ダイミャウ【諸大名】

〘名〙 あちこちの多くの大名諸侯
太平記(14C後)三九「諸大名のとも、疲れに乗て打止めんと追懸たり」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「一年、伊勢海老・代々きれて、〈〉諸大名(ショダイミャウ)の御祝義なれば、海老一疋を小判五両、代々一つを三両づつに売ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android