コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考古図 こうこずKao-gu-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

考古図
こうこず
Kao-gu-tu

中国,北宋 (960~1127) の呂大臨哲宗の頃,公私に所蔵されていたから漢までの,鬲,尊などの青銅器を図示し,その所有者や出土地などを記述した書。 10巻。『博古図』『玉古図』とともに三古図という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

考古図の関連キーワード大谷 光瑞大谷探検隊梅原 末治沼田頼輔考古学饕餮文姜夔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android