コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋代美術 そうだいびじゅつSòng dài měi shù

世界大百科事典 第2版の解説

そうだいびじゅつ【宋代美術 Sòng dài měi shù】

宋代(960‐1279)は北宋時代(960‐1127)と南宋時代(1127‐1279)とに二分されるが,美術全般の様式変遷もこの時代区分を適用しうる展開を示している。 宋代の美術界で主導的な地位を占めたのは絵画であった。六朝の書,唐の詩,宋の画と評されるように,中国絵画史のなかで最高の評価を得た宋代の絵画を特徴づける要因として水墨画の手法のめざましい発達,主導的な題材の道釈人物画から山水画への移行,画家と鑑賞者の両者にみられる文人意識の増大という三つの現象を指摘できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宋代美術の関連キーワード禅宗寺院建築

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android