コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋代美術 そうだいびじゅつSòng dài měi shù

1件 の用語解説(宋代美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうだいびじゅつ【宋代美術 Sòng dài měi shù】

宋代(960‐1279)は北宋時代(960‐1127)と南宋時代(1127‐1279)とに二分されるが,美術全般の様式変遷もこの時代区分を適用しうる展開を示している。 宋代の美術界で主導的な地位を占めたのは絵画であった。六朝の書,唐の詩,宋の画と評されるように,中国絵画史のなかで最高の評価を得た宋代の絵画を特徴づける要因として水墨画の手法のめざましい発達,主導的な題材の道釈人物画から山水画への移行,画家と鑑賞者の両者にみられる文人意識の増大という三つの現象を指摘できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

宋代美術の関連キーワード宋銭イタリア語熱原法難徐子平宋元銭冠(かんむり)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone