コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博古図 はくこず Bó gǔ tú

1件 の用語解説(博古図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はくこず【博古図 Bó gǔ tú】

中国の古代の礼楽の器の図録集。30巻。《宣和博古図録》ともいう。北宋の大観元年(1107)に徽宗(きそう)の勅をうけ,宮中や諸家に蔵する古器を集めて《宣和殿博古図》が編纂された。現在に伝わる《博古図》は,その原書に宣和年間(1119‐25)以降の増補が加わったものとされる。その中には800余点の青銅器が20に分類して収められ,それぞれの器形の写生や寸法,重量の記載があるほか,考証も加えられている。その考証には現在から見れば問題も多いが,北宋一代の青銅器の収蔵状況や金石学の成果を知りえる点で貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の博古図の言及

【金文】より

…漢代に入ると宮廷の用具や武器などにその物品の所属や重さを記した銘が付けられた遺物が多く残り,また金属鏡の銘文なども広い意味での金文であろうが,西周期に全盛をきわめた青銅祭器の金文の伝統とは流れを異にするものとなってしまったと言えよう。 金文の研究はすでに宋代に始まり,呂大臨の《考古図》や王黼(おうふ)の《博古図》などの図録が編まれており,金石学の一部として清朝の考証学者たちも古文字の研究,あるいは古典の解釈などに金文資料を用いている。しかしその科学的な研究はやはり最近になってからであり,郭沫若《両周金文辞大系》が最初に網羅的な金文の年代づけを行った。…

※「博古図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

博古図の関連キーワード考信録集古十種太一礼楽図録西清古鑑六礼遼史鳧鐘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone